3つの受給要件

①初診日要件
②保険料納付要件
③障害認定日要件
※この3つの要件をクリアしなければ障害年金を受け取ることが出来ません。

障害基礎年金の受給要件は?

1.初診日要件 国民年金の被保険者であること
又は
被保険者であった者であって、日本国内に住所を有し、かつ、60歳以上65歳未満である こと
2.保険者納付要件

■原則...初診日の属する月の前々月までに被保険者期間の3分の2以上が保険料納付 済期間または保険料免除期間で満たされているということ
■特例...初診日の属する月の前々月までの直近の1年前に保険料の滞納期間が無いこと
ただし、平成28年3月31日までに初診日があり、その初診日時点において65歳未満である場合に限る

※「初診日の属する月の前々月まで」としているのは、当月分の保険料を翌月末までに 納めることになっているので、初診日を基準として保険料の納付月が既に確定しているのは、 初診日の前々月までという理由によるもの

3.障害認定日要件 障害認定日(初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日)において、障害等級 1級または2級の障害状態にあること

 

障害厚生年金の受給要件は?

1.初診日要件 厚生年金保険の被保険者期間中に初診日があること
2.保険者納付要件 ■原則...初診日の属する月の前々月までに被保険者期間の3分の2以上が保険料納付 済期間または保険料免除期間で満たされているということ
■特例...初診日の属する月の前々月までの直近の1年前に保険料の滞納期間が無いこと。

ただし、平成28年3月31日までに初診日があり、その初診日時点において65歳 未満である場合に限る
3.障害認定日要件 障害認定日(初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日)において、障害等級1級、2級または3級の障害状態であること